四国霊場八十八箇所 (しこくれいじょうはちじゅうはっかしょ) は 四国にある88か所の弘法大師(空海)ゆかりの札所寺院の巡礼です。

単身赴任で暮らす四国の素敵な情報があります
SEIKATSU | CASSIOPEIA | LINKNAVI | YUMENET | MIMISUMA | TOP PAGE


2014' SEP 13 Message

2回目の四国赴任で通算5年間が経過します。香川県、愛媛県に暮らし、ふと気が付くと四国遍路の旅をしていなかったと、ことしは四国霊場八十八箇所の開創1200年です。順序を無視して打つという「乱れ打ち」で遍路の旅を行っています 順次、各寺院を様子をお伝えします。 * ♪

☆単身赴任で愛媛県に赴任中 前回は香川県です 四国のさまざまな風景をお伝えします ☆



食べ物・生活用品 素敵な情報館



JTBで行く至極の旅旅行 さまざまにプランが提供されています。

♪ 。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 四国霊場八十八か所 四国遍路のスタートの地 徳島県 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 。 ♪

第1番「霊山寺」 第2番「極楽寺」 第3番「金泉寺」 第4番「大日寺」

笠和山 「霊山寺」 最初の札所 天平年間(729−749)に行基菩薩が開基 境内の売店でお遍路用品がすべて手に入ります
四国霊場八十八カ所回り 発願の寺

日照山 「極楽寺」 本堂は万治2年(1659)に再建され 本尊は国の重要文化財に指定されています 境内には老木「長命杉」があります
長寿が叶う「長命杉」

亀光山 「金泉寺」 水不足に苦しむ住民のため弘法大師が堀った井戸があります 井戸の水面に顔が映ると長寿にになるとの言い伝えが...
霊水があふれ出す「長寿」の井戸

黒巌山 「大日寺」 高台の寺 弘法大師が刻んだ座高55センチの大日如来像が本尊 回廊には 千手観音をはじめ33体の観音像を安置
空海が彫った大日如来が安置されています

第5番「地蔵寺」 第6番「安楽寺」 第7番「十楽寺」 第8番「熊谷寺」

無尽山 「地蔵寺」 弘法大師作の本尊 勝軍地蔵菩薩は源義経などの武将に信仰され 本堂裏手の羅漢堂に羅漢200体が収められて...
軍馬にまたがる菩薩像が安置されています

温泉山 「安楽寺」 2キロ離れた創建時の場所に 万病に効く温泉が湧いているのが名の由来 境内には大師手植えのさかさ松があります
今も温泉が湧き出る寺 安楽寺です

光明山 「十楽寺」 本尊は大師作の阿弥陀如来像 寺号は 菩薩から逃れ極楽浄土で受ける10の楽が得られるよう命名されたといいます
地蔵尊は眼の病に霊験があります

普明山 「熊谷寺」 高さ13mの仁王門は八十八か所最大の木造山門です 境内の一番奥にある八十八カ所最古の多宝塔も必見です
巨大な木造の山門に圧倒されます


shikoku henro 88 jiin kobodaidhi kukai reijyo
徳島・阿波踊り 四国の夏の物語

■ Shikokuhenro 同行二人 (どうぎょうににん) 白衣 (びゃくえ) は聖なる世界を歩むものの象徴 金剛杖 (こんごうづえ) はお大師様そのものと考えられ 空海と一緒に歩く 「同行二人」 (どうぎょうににん) 信仰の要です すげ笠 (すげがさ)には 同行二人 と書かれています お大師様 空海と歩む 四国お遍路です

四国八十八箇所 (しこくはちじゅうはっかしょ) は 四国にある88か所の弘法大師(空海)ゆかりの札所の総称です 四国八十八箇所を巡拝のする四国巡礼 四国八十八カ所を巡ることを特に遍路いい 巡礼者の皆様をお遍路さんと呼んでいます 八十八カ所全てを廻りきると「結願(けちがん 結願成就)」です 高松の町でも多くの歩き遍路の皆様をお見かけします ぜひ 結願成就 できますようにお祈りしています

■ 四国霊場八十八箇所遍路 四国八十八箇所 (しこくはちじゅうはっかしょ) は 四国にある88か所の弘法大師 (空海) ゆかりの札所の総称です 単に八十八箇所 あるいは 四国霊場 四国八十八箇所を巡拝することを四国遍路 四国巡礼などとも言います

■ 阿波踊り
徳島阿波踊りの開催日程は 毎年8月12日から15日の4日間です (徳島県内の他の鳴門市 三好市などを含め日程は異なります) また 四国には 阿波踊りのほか 高知県高知市の「よさこい祭り」 (8月9日から12日) 愛媛県新居浜市の「新居浜太鼓祭り」 (10月16日から18日) が有名で 阿波踊りを含めて四国三大祭りとされています

■大河:吉野川
大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)は2億年もの時を経て 四国山地を横切る吉野川の激流に結晶片岩(けっしょうへんがん)が削られてできた渓谷です
R32沿線・秋色は■大歩危・小歩危 : でご覧ください


♪ 。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 吉野川左右河岸の寺院 太平洋に面する寺院 2010 & 2014の遍路です。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 。 ♪
第9番「法輪寺」 第10番「切幡寺」 第11番「藤井寺」 第12番「焼山寺」

正覚山 「法輪寺」 本尊は八十八カ所随一の涅槃釈迦如来像 本堂には健脚・足の病気治療を願う人々が奉納したわらじが並んでいます
健脚祈願に多くの人が訪ねる法輪寺です

得度山 「切幡寺」 本堂と薬師堂へは333段の石段を上ります 心優しい機織の娘が千手観音になったの伝説が残っています
女人即身成仏の観音菩薩を北向きに安置しています

金剛山 「藤井寺」 境内には藤の木が多い 2度の火災で本尊だけが消失を免れたことから 厄除けの薬師如来として信仰を集めています
五色の藤の花が咲き乱れる藤井寺です

摩盧山 「焼山寺」 標高800mにあり 「遍路ころがし」と呼ばれる難所のひとつです 藤井寺の裏から山道を歩くと約6から7時間...
八十八カ所で2番目に標高が高いお寺です

第13番「大日寺」 第14番「常楽寺」 第15番「国分寺」 第16番「観音寺」

大栗山 「大日寺」 以前は道路を挟んだ一宮神社の別当であった寺院 御本尊は行基作の十一面観音菩薩 脇待仏は弘法大師作の大日如来です
大師と行基が彫った2体の仏像が安置されています

盛寿山 「常楽寺」 四国霊場で唯一の弥勒菩薩を本尊とする寺院です 本堂前には岩盤が風雨で削られ造り出された流水岩の庭があります
絶えず姿を変える自然の石庭が魅力の寺院

薬王山 「国分寺」 天平13年(741)創建 聖武天皇の諸国に66国分寺を建てたうちのひとつの寺院です 入母屋造りの重厚な本堂です
安土桃山時代を代表する石組造園が歴史を感じます

光耀山 「観音寺」 弘法大師が刻んだ等身大の千手観音菩薩像が御本尊 境内には夜泣きを止めるという「夜泣き地蔵」がいらっしゃいます
光明真言の印判を宝蔵する寺院です

☆ ■ □ + + 徳島県の東の潮風の香る寺院 + + □ ■  ☆

第17番「井戸寺」 第18番「恩山寺」 第19番「立江寺」 第20番「鶴林寺」

瑠璃山 「井戸寺」 村人のために弘法大師が一夜として錫杖で掘った「面影の井戸」があります また 日限大師像は日にちを限って...
弘法大師が一夜で掘った「面影の井戸」

母養山 「恩山寺」 母のため 女人禁制だった地を弘法大師が女人禁制を解除として母と登山した女人禁制の解放の成就地
弘法大師の母親に対する思いが伝わる寺院です

橋池山 「立江寺」 四国霊場八十八か所の寺院のうち4か所に設けられた関所です 邪心があると天罰が下ると言われます 信心が...
遍路者の邪心を罰する阿波の国の関所のお寺です

霊鷲山 「鶴林寺」 参道を約5キロほど登ったところにある難所の寺院 戦火を免れ本堂 大師堂 六角堂 三重塔などが立ち並んでいます...。
黄金の地損菩薩が鶴と降臨する寺院です


♪ 。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 室戸岬から桂浜 南国高知の海風の遍路道 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 。 ♪

第21番「太龍寺」 第22番「平等寺」 第23番「薬王寺」 第24番「最御崎寺」

舎心山 「太龍寺」 標高約600mの山頂付近にあるお寺です 大師堂の配置が高野山の奥の院と似ていることから「西の高野」と呼ばれ...
難所と参道を超えて西の高野に進むお寺です

白水山 「平等寺」 大師が掘った井戸があります この水が万病に効く霊水 本堂の天井に描かれた植物画は一見の価値があります
万病に効く「大師の霊水」天井の植物がのお寺

醫王山 「薬王寺」 魔除けで知られる薬王寺 石段の一段ごとに厄銭を置くと厄ほ逃れられるとされています 本堂から太平洋を一望できます
太平洋の眺望が素敵なお寺です

第25番「津照寺」 第26番「金剛頂寺」 第27番「神峯寺」 第28番「大日寺」

宝珠山 「津照寺」 室津湾を眼下に望む津照寺 本尊の延命地蔵菩薩は「かじ取り地蔵」と呼ばれ海上安全と大漁を祈願し大師が刻んだ...
漁師の信仰を集める延命地蔵菩薩

龍頭山 「金剛頂寺」 最御崎寺の東寺に対して「西寺」と呼ばれます 霊宝殿には空海の密教法具や朝鮮の鐘などの重要文化財が...います
国宝級の文化財 本堂は昭和58年に再建されました

竹林山 「神峯寺」 麓から3.3キロの山道のうち 1.3キロは勾配45度の急坂です 本堂に続く石段の脇に 喉を潤す神峯の水があります
「真つ縦」の難所がある長い参道の寺院です

法界山 「大日寺」 大師が爪で刻んだ薬師如来が安置されています 別名「爪彫り薬師」と呼ばれ 昔から上の病に霊験ありとされています
目や鼻 口の病に御利益のある「爪掘り薬師」様です

■ □ + + 土佐の高知の遍路の寺院 + + □ ■

第29番「国分寺」 第30番「善楽寺」 第31番「竹林寺」 第32番「禅師峰寺」

摩尼山 「国分寺」 聖武天皇の命で各国に建立された国分寺のひとつ 永禄元年(1558)再建 本堂は国の重要文化財です
庭園内にたたずむ風流な本堂の「国分寺」です

百々山 「善楽寺」 土佐一の宮の別当として建立された善楽寺 境内には梅見地蔵や子安地蔵が安置されています
隣接する土佐神社の別当寺の「善楽寺」

五台山 「竹林寺」 五台山公園の山頂に建つ寺院 池泉鑑賞式の庭園は高知県内に三庭園のひとつ 本堂や五重塔は絢爛
文殊菩薩を祀る学問の寺 「竹林寺」

八葉山 「禅師峰寺」 本尊は船の安全を祈願して弘法大師が彫った十一面観音菩薩で 「船魂観音」と呼ばれています
藩主も祈願に訪れた十一面観音菩薩で 「船魂観音」


itigonet ・ Strawberry-Club
坂本龍馬像 順路 携行品 服装編

■室戸岬
自然美はすばらしく 室戸岬灯台脇の展望台からの太平洋の眺望はすばらしく また 灯台下のゴロゴロ浜の海岸美のすばらしいの一言です また 室戸岬灯台の近くには 四国八十八箇所第二十四番札所「室戸山最御崎寺」 修行中の弘法大師がこの地で悟りを得たという伝承がある 「御厨人窟」 陸援隊隊長の「中岡慎太郎」の像など 歴史を感じる名所が点在します

■内子座
内子町(うちこちょう)は 愛媛県の南予(なんよ)地方に位置する町ですで ハゼの木蝋・和紙で栄えた町で 商家が建ち並ぶ町並みは国選定・重要伝統的建造物群保存地区として保存されています
保存地区の町並みは かつてこんぴら参詣や四国へんろの旅人が往き交じったといいます


■ shikoku henro 88 jiin kobodaidhi kukai reijyo
四国霊場八十八箇所遍路は各寺に番号が付されていることから遍路の仕方によって 一回の遍路で八十八ヵ所のすべてを廻ることを 「通し打ち」 何回かに分けて巡ることを 「区切り打ち」 といいます また 順番どおり廻るのを 「順打ち」 逆に廻るのを 「逆打ち」 (さかうち) といいます さらに このごろは 順序を無視して打つことを 「乱れ打ち」 ということもあります そして 閏年に逆打ちを行うと倍の御利益があるとも言われます これは お大師さん(弘法大師)とすれ違うと云う言い伝えがあるからだろうとも言われています

社殿の脇には結願 (けちがん) した杖が納められていますす その先はつぶれ 杖が短くなっています 長い遍路の道中をともにした杖 そこには苦行の証があります

四国霊場八十八箇所遍路 基本の巡拝用品 服装は ■携行品・服装 をご覧ください


☆ 土佐の高知は足摺岬の寺院に向かいます 潮風が素敵です。 ☆

第33番「雪渓寺」 第34番「種間寺」 第35番「清龍寺」 第36番「青龍寺」

高福山 「雪渓寺」 長宗我部元親の菩提寺 臨済宗に改宗 本尊 薬師如来像と脇待の日光・月光両菩薩は国の重要文化財です
本尊の「薬師如来像」は運慶作の像です

本尾山 「種間寺」 安産祈願の抜けたひしゃくが有名に寺院 祈祷でいただいたひしゃくは出産後に子安観音に奉納 安産を祈ります
安産祈願に妊婦がお参りする 「種間寺」

醫王山 「清龍寺」 弘法大師の十大弟子 真如の逆修塔があります 境内には厄除けに御利益のある薬師如来が安置されています
高さ15mの薬師如来が安置される醫王山 「清龍寺」

独鈷山 「青龍寺」 恵果阿闍梨から密教の奥義を伝授された大師が独鈷を投げたところ この地の老松に刺さったといわれます
御本尊は波切不動明王 急な階段の寺院です

第37番「岩本寺」 第38番「金剛福寺」 第39番「延光寺」 第40番「観自在寺」

藤井山 「岩本寺」 阿弥陀如来 観世音菩薩 地蔵菩薩 不動明王 薬師如来の5つの仏像を御本尊としています 本堂の格天は風景...
5体の御本尊を安置 本堂の格天はみごとです

蹉ダ山 「金剛福寺」 足摺岬の突端近くの寺院 岬一円が広大な境内 歴代天皇や源氏一門から帰依を受け 周辺には足摺七不思議が...
足摺岬一帯に広がる大きな寺院です

赤亀山 「延光寺」 大師が錫杖で突いて湧出させたという「目洗い井戸」があります また 赤亀が背負ってきたと伝えられる梵鐘もあります
「目洗い井戸」は眼病に御利益があります

平城山 「観自在寺」 平城天皇の勅願所として大同2年(807)に大師が開基 第1番札所から最も遠いことから四国霊場の裏関所と呼ば...
第1番札所から一番遠い札所であり裏関所と呼ばれます

第41番「龍光寺」 第42番「仏木寺」 第43番「明石寺」 第44番「大寶寺」

稲荷山 「龍光寺」 神仏習合の寺ですが明治時代に分離 旧本堂は稲荷神社に 新本堂は神社の下に設けられています
神様も鎮座する三間のお稲荷さんです

一カブ山 「仏木寺」 大日如来は家畜の守り神とされています 茅葺の屋根の楼蘭や本堂は必見の建物 当初は牛馬の安全の守り神として...
家畜やペットを大日如来です 楼蘭と本堂は必見

源光山 「明石寺」 欽明天皇の勅命により開基さた寺院 源頼朝が命の恩人である池の禅尼の菩提を弔うために建てられた経塚があります
源頼朝のゆかりのある経塚がある「明石寺」です

菅生山 「大寶寺」 杉の巨木が生い茂る境内に建つ寺院 大師堂は総桐檜造りの壮厳な建物 郡内の戦没者を供養する平和の鐘があります
山地に建つ総檜造りの壮厳な建物の大師堂です


■ □ + + 高知と愛媛の県境を越え 南国愛媛にいざなう + + □ ■

第45番「岩屋寺」 第46番「浄瑠璃寺」 第47番「八坂寺」 第48番「西林寺」

☆ 伊予の国 愛媛県  ☆

第49番「浄土寺」 第50番「繁多寺」 第51番「石手寺」 第52番「太山寺」

東山 「繁多寺」 徳川家綱の念持仏を祀る歓喜天堂があります 伊予出身の一遍上人はこの寺で修業をされています
一遍上人が修業をされた東山「繁多寺」です

熊野山 「石手寺」 運慶作の仁王門が国宝に指定されています 本堂や三重塔などが重要文化財にしていされていてる荘厳の寺院です
遍路の元祖の逸話が残る「石手寺」です

瀧雲山 「太山寺」 700年の歴史がある鎌倉様式の本堂は県下最大の木造建築 鐘楼堂の建物と壁画や地獄・極楽絵は圧巻です
愛媛県下最大の木造建築の鎌倉様式の本堂があります

第53番「圓明寺」 第54番「延命寺」 第55番「南光坊」 第56番「泰山寺」

近見山 「延命寺」 瀬戸内海を眼下に望む総檜造りの山門は、もとは今治城の城門 「近見次郎」と「近見三郎」の鐘楼があります
頑健な山門は今治城の旧城門です

別宮山 「南光坊」 建立されたのは大宝3年(703)。昭和20年(1945)の空襲で大師堂と金毘羅宮以外は消失、本堂は再建されました
今治藩の別当寺だった寺院です

金輪山 「泰山寺」 寺の周辺にはのどかな田園風景が広がります 氾濫の川を納めた大師が建立した寺院です 境内は石垣に囲まれています
石垣に囲まれたのどかな寺院です

四国最西端・佐多岬 : 四国霊場八十八カ所霊場 開創1200年
愛媛県:遍路道の花

■ itigonet ・ Strawberry-Club 四国霊場八十八カ所霊場 開創1200年
弘法大師が 弘仁6年(815)年に開創したと伝えられる「四国霊場八十八ケ所霊場」は 2014年に 開創1200年という記念すべき年を迎えます
各霊場では 秘仏とされている御本尊が50年ぶりの御開帳のほか 記念拝観 記念法要などの諸行事が開催されます
松山市内の霊場では弘法大師の御開帳や結縁 浄土寺(国指定重要文化財)の格子戸開扉 八坂寺の御本尊阿弥陀如来の御開帳などが記念行事として開催するとされています
情報を確認され どうぞ信仰の記念行事に参加されませんか



☆愛媛国体は 平成29年9月から10月開催です

■蛇越池の湿地植物 サギソウ
昭和25年10月10日に愛媛県の天然記念物湿地植物に指定され 地域住民の方々を中心とする保護活動によって現在まで守られてきています 自生する植物は 約80種を数えます また その中には 愛媛県の絶滅危惧種に指定されているものも多数存在します 今日 湿地環境が激減している中 景観の面だけでなく 生物多様性保全の場としても貴重な環境です
7月頃に花茎を伸ばし 白鷺が飛ぶ姿に似た花をつけます 花の後ろに管(距)が伸び 中には蜜が溜まっています 愛媛県内では 湿原にごく稀に見ることができるといいます 愛媛県の絶滅危惧種TB類です


☆ 瀬戸内の潮風と山岳寺院  ☆

第57番「栄福寺」 第58番「仙遊寺」 第59番「国分寺」 第60番「横峰寺」

府頭山 「栄福寺」 足の不自由な少年がこの寺で治った逸話があります 昔から病気治癒の祈祷者が多く訪れる寺院です
足の病気と海上安全の祈願をする寺院です

作礼山 「仙遊寺」 村人の病気治癒のために掘り当てた清水「弘法大師加持水」が参道に残っている大師のゆかりの寺院です
空を駆け抜ける仙人のむ伝説が残る寺院です

金光山 「国分寺」 天平13年(741)に諸国に建てられた国分寺のひとつです。握手をすると願いが叶うとされる「握手修業大師」が...
壮大な寺院であった名残が残る寺院です

第61番「香園寺」 第62番「宝寿寺」 第63番「吉祥寺」 第64番「前神寺」

栴壇山 「香園寺」 大師が安産、子育て、お身代わり、女人成仏の四誓願を残したことから子安大師ととして有名な寺院です
難産に苦しむ妊婦を大師が救った地です

天養山 「宝寿寺」 かつての伊予国の一宮。本尊は弘法大師が光明皇后を模して刻んだ十一面観世音菩薩像です 本堂は歴史を感じます
光明皇后のお姿に似た十一面観世音菩薩

石づち山 「前神寺」 真言宗石づち派の総本山で歴代天皇や領主の帰依を受けた寺院。参道には滝修行を行われた滝不動尊があります
霊山を背後にひかえた修験場の寺院です


☆ お遍路の巡礼は終盤に 香川県の寺院へ向かいます ☆

第65番「三角寺」」 第66番「雲辺寺」 第67番「大興寺」 第68番「神恵院」

由霊山 「三角寺」 大師が開基の際に築いた三角堂の護摩壇が跡が三角池として残る。本堂に続く自然石の石段は風情があります
安産・厄除け祈願で知られる寺院です。

巨鼇山 「雲辺寺」 四国霊場八十八か所の最高所の標高927m、僧侶の学問の道場として栄えた寺院です 境内の羅漢像は圧巻です
巨木が覆う四国霊場の最高所の寺院です

小松尾山 「大興寺」 通称、小松尾寺。山門の仁王像は大きさ、古さとも四国隋一。天台大師堂が建つ兼学の道場です
かつての天台真言二宗兼学の道場です

七宝山 「神恵院」 境内入口の仁王門には二つの寺院の名称があります。石段を上がると神恵院。本堂は平成14年(2002)の築です
一度に観音寺とともに2札をお参りできます

第69番「観音寺」 第70番「本山寺」 第71番「弥谷寺」 第72番「曼荼羅寺」

七宝山 「観音寺」 神恵院の下にあります 納経所も共有しています。室町時代築の本堂、鐘楼の天井細工など、見どころが多い寺院です
弘法大師が住職に就いた寺院です

七宝山 「本山寺」 大師が一夜ほどの短時間で建立したとされています。鎌倉時代築の本堂は、京風と奈良風の折衷様式で国宝に指定...
本尊は悪心を食べるとされています

剣五山 「弥谷寺」 本堂は岩盤に建ち、540段近い階段を上がる。霊場唯一の摩崖仏や大師が修業した「獅子の岩屋」があります。
死者の魂が戻る山に建つ寺院です。

我拝師山 「曼荼羅寺」 大師の母・玉寄御前の菩提寺です。西行が昼寝をしていたとされる、大きな平石があります。
西行法師にもゆかりの深い寺院です。

第73番「出釈迦寺」 第74番「甲山寺」 第75番「善通寺」 第76番「金倉寺」

我拝師山 「出釈迦寺」 大師7歳のとき、一生成仏を決意し身を投じたのが我拝師山。釈迦如来が現れ、大師の命を救ったと言われています。大師が身を投じた山を望む寺院です。

醫王山 「甲山寺」 満濃池が弘仁9年(818)に大決壊する。大師は修復の難工事を見事に指揮し、その報奨金で伽藍を建立した寺院です。
大師が工事の謝礼で建てた寺院です。

総本山 「善通寺」 弘法大師の誕生地であり、寺号の「善通」は大師の父の名。暗闇の中を進む御影堂地下の「戒壇めぐり」があります。
大師の誕生地として有名な寺院です

鶏足山 「金倉寺」 大師の姪の子供で名僧の智証大師が伽藍を建立した寺院です。乃木希典が2年7か月、客殿に居住していました。
大師の姪の子の生誕地の寺院です。

itigonet ・ Strawberry-Club
三十楼の道後温泉本館が建築されて120年

■乃木希典
乃木 希典 (のぎ まれすけ) 嘉永2年11月11日(1849年12月25日) 現在の東京都港区に長州藩(現・山口県)の支藩である長府藩の藩士(馬廻) 乃木希次・乃木壽子(のぎ ひさこ))の三男 誕生は 現在の六本木ヒルズの長府藩上屋です

■ガソリン道
香川県高松市 高松琴平電鉄の仏生山駅から南に延びる道(ガソリン道)が 昭和4年(1929)11月2日に開通し 昭和16年(1941)5月10日に廃止された 塩江温泉鉄道の廃線跡です


■ itigonet ・ Strawberry-Club  三十楼の道後温泉本館が建築されて120年 2014年はこの大還暦を記念してさまざまなイベントが開催されます
道後温泉の旅館やホテルでは 実際に宿泊に利用される室内を著名なアーティストが空間を演出する 「Hotel Horizontal」 (ホテル ホリゾンタル) が開催されます また 春からは道後温泉本館に映像を投影したり 本館を霧で包み込んで幻想的な風景を作り出したりなど 最古の温泉の道後温泉と現代アートのコラボレーションが繰り広げられます
2014年の愛媛県は素敵な一年になります ぜひ 愛媛県を訪ねてください
■一鶴の骨付き鳥
四国に再度勤務するうえで最大の楽しみは香川県の骨付き鳥です あの鳥の味が忘れられません
高松市に最初に赴任したときに食べた 「一鶴」 の骨付き鳥 本当に美味しかったです そして ハイキング仲間と行った丸亀の本店の骨付き鳥 これが至高のうま味 なぜ これほど 美味しいのか 愛媛の通うことになりそうです 骨付き鳥 本当に美味しい
骨付き鳥 ■一鶴の骨付き鳥 はこちらでご覧ください


☆ 讃岐平野の寺院に向かいます 結願まであと少しです ☆

第77番「道隆寺」」 第78番「郷照寺」 第79番「天皇寺」 第80番「國分寺」

桑多山 「道隆寺」 領主の和気道隆が刻んだ薬師如来を大師が刻んだ像り中に安置したのが寺の縁起。眼病に霊験があるとされています。
「眼なおし薬師」で知られる寺院です。

仏光山 「郷照寺」 一遍上人が踊念仏の道場としたことから時宗に改宗されています。本堂は、四国霊場では珍しい奈良様式の建物です。
一遍上人が踊り念仏の道場寺 その頃に郷照寺に改称

金華山 「天皇寺」 崇徳上皇崩御のあと、御鎮座所として天皇寺の寺号となる。入口には鳥居があり、正面には白峰神社があります
八十場の霊水の泉がある寺院です。

白牛山 「國分寺」 本尊・千手観世音菩薩の立像は5.2mで四国一の大きさ。本尊と本堂、鐘楼は国の重要文化財に指定されています。
特別史蹟に指定されている寺院です。

第81番「白峯寺」 第82番「根香寺」 第83番「一宮寺」 第84番「屋島寺」

神毫山 「一宮寺」 本尊は聖観音菩薩。本堂手前には、地獄の釜の音が聞こえてくる薬師を祀った石の祠があります。
地獄の釜の音が聞こえる石の祠があります。

第85番「八栗寺」 第86番「志度寺」 第87番「長尾寺」 第88番「大窪寺」

五剣山 「八栗寺」 大師が唐の国に渡る前にこの山に植えた8本の栗の木が、帰国後すべて大きく成長していたことから、八栗寺と呼ぶ...
山の風景に溶け込む風雅な寺院です。


♪ 。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 四国霊場八十八カ所霊場 開創1200年 (平成26年・2014年)  . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 。 ♪

●輝く四国の風景
TOP PAGE

●四国霊場遍路
第1番「霊山寺」
第2番「極楽寺」
第3番「金泉寺」
第4番「大日寺」
第5番「地蔵寺」
第6番「安楽寺」
第7番「十楽寺」
第8番「熊谷寺」
第9番「法輪寺」
第10番「切幡寺」
第11番「藤井寺」
第12番「焼山寺」
第13番「大日寺」
第14番「常楽寺」
第15番「国分寺」
第16番「観音寺」
第17番「井戸寺」
第18番「恩山寺」
第19番「立江寺」
第20番「鶴林寺」
第21番「太龍寺」
第22番「平等寺」
第23番「薬王寺」
第24番「最御崎寺」
第25番「津照寺」
第26番「金剛頂寺」
第27番「神峯寺」
第28番「大日寺」
第29番「国分寺」
第30番「善楽寺」
第31番「竹林寺
第32番「禅師峰寺」
第33番「雪渓寺」
第34番「種間寺」
第35番「清龍寺」
第36番「青龍寺」
第37番「岩本寺」
第38番「金剛福寺」
第39番「延光寺」
第40番「観自在寺」
第41番「龍光寺」
第42番「仏木寺」
第43番「明石寺」
第44番「大寶寺」
第45番「岩屋寺」
第46番「浄瑠璃寺」
第47番「八坂寺」
第48番「西林寺」
第49番「浄土寺」
第50番「繁多寺」
第51番「石手寺」
第52番「太山寺」
第53番「圓明寺」
第54番「延命寺」
第55番「南光坊」
第56番「泰山寺」
第57番「栄福寺」
第58番「仙遊寺」
第59番「国分寺」
第60番「横峰寺」
第61番「香園寺」
第62番「宝寿寺」
第63番「吉祥寺」
第64番「前神寺」
第65番「三角寺」」
第66番「雲辺寺」
第67番「大興寺」
第68番「神恵院」
第69番「観音寺」
第70番「本山寺」
第71番「弥谷寺」
第72番「曼荼羅寺」
第73番「出釈迦寺」
第74番「甲山寺」
第75番「善通寺」
第76番「金倉寺」
第77番「道隆寺」」
第78番「郷照寺」
第79番「天皇寺」
第80番「國分寺」
第81番「白峯寺」
第82番「根香寺」
第83番「一宮寺」
第84番「屋島寺」
第85番「八栗寺」
第86番「志度寺」
第87番「長尾寺」
第88番「大窪寺」

●遍路作法
十夜ケ橋

●輝く四国の風景
TOP PAGE

●四国情報




●巡礼用品
服装・白衣・すげ笠
●輝く四国の風景
TOP PAGE



素敵な情報がありましたらお教えください。 → 投稿は こちらのページから♪

Strawberry- Club & itigo-Net は リンクフリーです。よろしければ左のバナーをお使いください。 リンクの際にはTOPページへお願いいたします。


| 首都圏情報 | LINK | 星と遊ぶ | 距離計算 | 耳をすませば | TOP PAGE |
♪ 。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : .      . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 。 ♪
1998-2014 itigoNet & StrawberryClub, internet cection Since 1998.12.20

当ホームページ内の画像およびイラストなど全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断りいたします。