ラフカディオ・ハーン (小泉八雲) が熊本で住んだ手取本町の旧居

熊本市の地域情報はこちらでご覧ください 
SEIKATSU | CASSIOPEIA | LINKNAVI | YUMENET | MIMISUMA | TOP PAGE


2015' APR 29 Message

松江から第五高等中学校の教師として熊本に到着したのは明治24年11月19日でした。まず不知火館に旅装を解き、数日後、近くの手取本町34番地赤星普策氏の家を借り住み始めます。借りるにあたって、ハーンは特に注文して神棚を設けたといいます。
毎朝この新しい神棚に拍手を打って礼拝し、人力車で学校に通いました。夕陽が好きだったハーンは、西と南に縁側のある八畳の部屋に書斎にし机を西向きに置きました。近眼のため机だけは椅子を用いましたが、ほかのすべては日本式で、人と対応もくつろぐ畳の上だったといいます。 * ♪


itigonet ・ Strawberry-Club KOIZUMI YAKUMO 小泉八雲 居跡
熊本旧居宅 書斎

■ 熊本におけるハーンの足跡
ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が夫人とともに松江から第五高等中学校の教師として熊本に到着した明治24年(1891)11月19日です。まず不知火館(後の研屋支店)に旅装を解き、数日後、近くの手取本町34番地赤星晋策氏の家を借りて住みました。
借りるにあたって、ハーンは特に注文して神棚を設けました。毎朝この新しい神棚に柏手を打って拝礼し,人力車で学校に通いました。夕陽が好きだったハーンは、西と南に縁側のある八畳の部屋を書斎にし机を西向きに置きました。近眼のため机だけは椅子を用いましたが、ほかはすべて日本式で、来客との対応等もくつろぐため畳の上で行ったといいます。

■ 小泉八雲
1891年(明治24年)11月25日、この家に入居したはーは西と南に縁側がある八畳間の部屋を書斎にあてました。一日中日光の当たる部屋はとても明るく、恰好の間取りにハーンは大変喜んだといいます、特に夕陽を好んだハーンは、松江の家と同じように熊本でも書斎の机を部屋の南西隅に置いたといいます。

平成7年、当時の居宅は、熊本市中央区の鶴屋百貨店の南側の公園脇にその一部が移築保存され公開されています。


ふくろうの灯篭
+ + + 小泉八雲旧居の八雲の碑 +  + +

■梟の灯篭
小泉八雲旧居の書斎に添えられてる梟の灯篭の説明書きです。松江の松平不眛公が所有され、江戸の某旗本に贈られたと伝えられています。

明治維新後、中村家に買い取られていたもので又の名を忍びの灯篭ともいいます。昭和40年、松江に縁のある小泉八雲の熊本旧居に贈られたものです。
現在は移築された小泉八雲旧居の南西の庭に置かれています。

■旧居玄関脇
平成7年に解体復元された小泉八雲の旧居の玄関前には、八雲の碑が建てられています。
八雲は1年後の明治23年(1892)11月、坪井西堀端町35番地に転居しています。
西堀端は閑静で、広い庭があり築山を背景に立派な庭石があったといいます。翌年11月に長男の一雄が誕生しています。一雄という名はラフカディオに因んだものといわれています。


+ + ラフカディオ・ハーン  (小泉八雲)  熊本旧居 + +

■小泉八雲 (お雛祭りの八雲邸)
本名はカディオ・ハーン (Lafcadio Hearn) といい、嘉永3年 (1850) 6月27日ギリシャのレフガタ島に生まれました。父は英国人チャールズ・ハーン、当時ギリシャ駐在の英国陸軍医補、母はギリシャ人ローザ・カシマチ。2歳の時、一家は父の故郷ダブリンに帰りました。
その後、両親は離婚し、ハーンは大叔母に引取られて養育されました。英国の学校に在学中、あやまって左眼を失明します。19歳の頃渡米、ニューヨーク、シンシナティ、ニューオーリンズ等を転々とします。さまざまな仕事を経て新聞記者となり、翻訳や創作を発表して次第に文名が高くなりました。
明治23年 (1890) 4月、ハーンは日本に来ました。同年9月島根県の松江中学校の英語教師となって赴任しましたが、古い日本のよさと日本人の心情にひかれます。松江の人小泉セツと結婚、翌明治24年 (1891) 11月第五高等中学校教師として熊本に来ました。明治27年 (1894) 10月、神戸クロニタル社の記者となって転出、このころ日本へ帰化して小泉八雲となのるようになります。
明治29年 (1896) 9月、東京帝国大学の文学部講師となり、明治36年 (1903) まで7年間在職しました。また、著作も次々に出版されています。明治37年 (1904) 4月、早稲田大学文学部講師になりましたが、同年9月26日、狭心症で亡くなりました。享年54歳、のち彼が日本文学につくした功績によって、従四位が贈られました。墓は東京雑司ヶ谷にあります。法名は「正覚院浄華八雲居士」。

●自然情報
■九州
■熊本 all
熊本県の風景
■熊本市
■熊本駅

●松江市小泉八雲旧居宅

英語教師として松江に赴任した明治の文豪小泉八雲は松江城掘割の武家屋敷を求めて暮らした借家が当時のまま残され、特に庭は、自然の山水極めており往時を偲びます。
明治の文豪小泉八雲旧居 (ヘルン旧居)

●熊本に縁のある文豪
夏目漱石

●肥後熊本のお雛祭


♪ 。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : .        . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 。 ♪
1998-2016 itigoNet & StrawberryClub, internet cection Since 1998.12.20

当ホームページ内の画像およびイラストなど全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断りいたします。