国鉄「佐賀線」は、鹿児島本線瀬高駅と長崎本線佐賀駅を総延長24Kmの鉄路、昭和10年5月25日開通、昭和62年3月27日廃止

九州の野の花はこちらでご覧ください 
SEIKATSU | CASSIOPEIA | LINKNAVI | YUMENET | MIMISUMA | TOP PAGE


2016' JUN 05 Message

昭和10年(1935年)5月25日、鹿児島本線瀬高駅と長崎本線佐賀駅を結ぶ国鉄佐賀線(総延長24Km)の開通と沿線の各駅が開業し、市社会経済の発展に貢献しましたが、自家用車の普及、バス路線の充実などによって利用客の減少、貨物も陸送の発達により、昭和62年(1987)3月27日に国鉄佐賀線は廃止され、半世紀にわたって親しまれ利用された佐賀線は惜しまれながら役目を終えたといいます。 * ♪


+ + 国指定重要文化財 旧筑後川橋梁 (築後川昇開橋) + +

■国指定重要文化財 旧筑後川橋梁 (築後川昇開橋)
築後川昇開橋は、旧国鉄佐賀線の鉄橋として昭和10年5月に竣工しましたが、急流の中に船の運航を容易にするため、昇降式可動橋を取り込み架設されている点に特色のある景観を添えています。
昇降式可動橋は全体で約507mあり、鉄塔の高さは約30m、可動桁の長さは役24mで、東洋一の規模を誇り、さらに現存する可動橋としては最古のものといわれています。
開通以来、この鉄橋は沿線の地域や住民の故郷のシンボルとして格別の愛着をもって親しまれていましたが、急激な自動車文化の進展に伴い大型橋梁の建設と相俟って、佐賀線も昭和57年の国鉄第二次廃止対象路線となり、昭和62年国鉄佐賀線の廃止とともに、鉄道橋としての使命を終えました。
しかし、昇開橋に寄せる地元住民の愛着と郷愁の念は止み難く、大川市・諸富町があい携え、歴史的資源並びに地域発展のシンボルとしての保存運動が実り、平成8年4月財団法人昇開橋観光財団が設立され、遊歩道として生まれ変わりました。
また、平成8年12月に国の登録文化財の第一陣に登録され、さらに平成15年5月30日に技術的に優秀かつ歴史的に価値が高いとの理由により、国指定重要文化財に指定されました
平成15年10月 大川市教育委員会 と説明板に書かれています。
■昇降可動は1日8回
遊歩道となった昇開橋は、船舶運航のため、右の昇降時間によって橋の可動部が上下します。可動部の桁は長さ24m、重量48t、桁の左右にある高さ30mの吊上塔(鉄塔)には4本のガイドレールが走り、この上で滑車が回り、機械室内の巻上装置を介してワイヤで23mの高さまで引き上げることができます。


●九州情報
■ TOP
佐賀 all
●鉄道情報
■ TOP
●佐賀線
■ TOP
●橋梁
■ TOP

●近隣情報
珍魚「えつ」伝承碑



素敵な情報がありましたらお教えください。 → 投稿は こちらのページから♪

Strawberry- Club & itigo-Net は リンクフリーです。よろしければ左のバナーをお使いください。 リンクの際にはTOPページへお願いいたします。

♪ 。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : .        . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 。 ♪
1998-2016 itigoNet & StrawberryClub, internet cection Since 1998.12.20

当ホームページ内の画像およびイラストなど全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断りいたします。