菊池渓谷 阿蘇外輪山を取り囲むモミ、ツガ、ケヤキなど広葉樹の原生林に覆われています。

四国の野の花はこちらでご覧ください 
SEIKATSU | CASSIOPEIA | LINKNAVI | YUMENET | MIMISUMA | TOP PAGE


2015' NOV 07 Message

菊池渓谷(きくちけいこく)は熊本県の菊池川上流、水源にある渓谷で、位置は阿蘇市と菊池市になります。避暑地、紅葉の名所として知られています。渓谷沿いは、阿蘇外輪山を取り囲むモミ、ツガ、ケヤキなど広葉樹の原生林に覆われている。「渓谷美の極致」と言われた状態で残っており、阿蘇くじゅう国立公園の特別保護地区、菊池水源として名水100選に選定されています。 * ♪


+ + 「渓谷美の極致」 阿蘇くじゅう国立公園の特別保護地区 日本名水100選 + +

■日本名水百選 「菊池水源」 秋の渓谷美
菊池渓谷は、熊本県の菊池川上流、水源にある渓谷で、位置は阿蘇市と菊池市になります。避暑地、紅葉の名所として知られています。渓谷沿いは、阿蘇外輪山を取り囲むモミ、ツガ、ケヤキなど広葉樹の原生林に覆われている。「渓谷美の極致」と言われた状態で残っており、阿蘇くじゅう国立公園の特別保護地区、菊池水源として名水100選に選定されています。
■菊池渓谷の説明板
渓谷の入口に渓谷の説明板があります。菊池渓谷は、熊本森林管理署管内の菊池・阿蘇深葉国有林内に位置し、くまもと自然休養林(昭和44年指定)に指定され、熊本市内から約40キロと近距離であるため年間約35万人の観光客が訪れる景勝地です。景観は、渓谷美の極致といわれ、原生林に覆われた渓谷の妙と清流の美は、多くの人々に絶賛されています


+ + 森林浴の森日本百選 「菊池渓谷自然の森」 + +

■森林浴の森日本百選 「菊池渓谷自然の森」
渓谷の遊歩道の赤い吊り橋を渡りすぐに森林浴の碑があり次のように記載されています。文明の母胎である森林ははるかなる太古より人類の限りなき恵みを与えてくりています。「森林浴」もその一つであります。御地の緑豊かな自然は後世に残すべき文明総合研究所が全国から研究対象に公募した「100選」の一つに選ばれました。母なるこの森がいつまでも人々の安らぎと健やかさをもたらすよう保全されることを祈念いたします。1986年4月9日 緑の文明学会 緑の文明総合研究所 と記載されています。
■紅葉の菊池渓谷 ウエディング
紅葉の菊池渓谷の滝壺、岩場の下でウエディング姿の女を撮影していました。結婚式の前撮りでは男性がいますが、ずっと女性だけを撮影していましたので、結婚式場のPR撮影か観光マップの撮影でしょうか。立っている岩場まで、結構、水量のある岩を渡っていました、ドレスの下部分は濡れています。商業撮影も大変です。


+ + 飛散する水しぶきに朝の太陽が輝いて一帯に霞がたち込めます。 + +

■黎明の滝
上流の穏やかな石畳の紅葉ケ瀬それを覆う緑の原生林、奇石、怪石の渓谷のあいまを縫って流れ落ちる滝、飛散する水しぶきに朝の太陽が輝いて一帯に霞がたち込めまさに夜明を思わせる景観を呈するとこから付けられた名前です。
■飲料水としての菊池渓谷
周遊道の中間点に橋があります。周遊路を半分だけ巡り帰路に向かうなどの短絡橋です。その橋のたもとに飲料用の水場があります。柄杓も用意され飲むことができます。やわらかな水。水筒にも注ぎ、これからの行程の準備をしたいですね。
■杉木立
天空に成長する杉は、説明板では樹齢192年の杉の巨木。江戸時代の文政6年(1823年)頃に植えられたもので、2015年時点では樹齢192年を経ています。樹高35mから45m、胸高直径60cmから80cm、1本当たりの材積5m立法と記載されています。阿蘇高原は人工林は少なく、あってもまだ樹齢は少ないものです。外輪山周辺は牧草地が広がるため、木々の植林はすくなく、また、自然林となるのを防ぐため春先には野焼が行われるところもあります。


+ + 四十三万滝 (よんじゅうさんまんたき) + +

■四十三万滝
菊池渓谷の代表的な滝の一つ。周囲に林立する老木と雄大な渓谷は見事な調和を呈し、落下する清流は岩を砕け被曝して藍色の淵をつくり、自然の極致美を映じています。昭和9年九州日日新聞が景勝地募集を行ったところ、43万票を獲得第1位になったことからこの名が付けられたといわれています。

■日本の滝百選
四十三万滝は、古老の話によれば1日の平均流量は43万石(約7.8万トン)位と変わらないことからそのように呼ばれたともいいます。四季により水利用の変化があるだしょうが、清らかな豊富な水が岩の間を流れ下っています。散策路には随所にベンチや座って休憩できる岩が点在しています。ただ、川岸の岩に座ると写真撮影の邪魔になるときがあります。岩場での休息は注意したいものです。


+ + 菊池渓谷の原生林の紅葉は黄色が中心 + +

■帰路の菊池川左岸は黄色の紅葉
菊池渓谷の散策路は、往路は渓谷や滝を身近に見ることのできる川に近い地位にある道ですが、復路の遊歩道は、川から一段高い位置を進む散策路です。川や滝を高い位置から見ることができ、また、対岸の紅葉を目線で見ることができます。

■復路は紅葉の宝庫
往路は水辺や滝を直接撮影するポイントが多いのですが、復路の2カ所に川から高い散策路から川面の近くに降りられる遊歩道があります。ここの場所は、川幅いっぱいに左右の紅葉を見ることができ、また、奥行きのある渓谷を見ることができます。散策路の最後で、絶景の紅葉と水の音を楽しむことができます。撮影日は、2015.11.07。秋深いというのに暖かな平成27年、昼下がりの曇り空、熊本までの帰路は、雨が降っています。熊本の思い出です。

●自然情報
■九州
●九州の紅葉
■TOP
●阿蘇自然情報
■TOP
●日本名水百選
■TOP

●二人だけの時間

●錦 秋の時間

●錦 秋の時間

●MY YouUTube 動画
■黎明の滝




素敵な情報がありましたらお教えください。 → 投稿は こちらのページから♪

Strawberry- Club & itigo-Net は リンクフリーです。よろしければ左のバナーをお使いください。 リンクの際にはTOPページへお願いいたします。

♪ 。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : .        . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 。 ♪
1998-2015 itigoNet & StrawberryClub, internet cection Since 1998.12.20

当ホームページ内の画像およびイラストなど全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断りいたします。