伊藤左千夫の小説 「野菊の墓」 その文学碑が千葉県松戸市矢切にあります

京成電鉄金町線柴又駅前 車寅次郎の銅像 
SEIKATSU | CASSIOPEIA | LINKNAVI | YUMENET | MIMISUMA | TOP PAGE


2009' JUN 15 Message

野菊の墓は 明治39年(1906年)1月に雑誌 「ホトトギス」 に発表されたもので 15歳の斎藤政夫と2歳年上の民子との淡い恋の物語です 醤油の醸造業を営む旧家 政夫が15歳のとき 病弱の母の世話をするため 従姉で二つ歳上の17歳の民子が家に住むようになります 以来二人の仲は親密になり奉行人の間でも噂になってゆきます * ♪


+ + 伊藤左千夫の小説 「野菊の墓」 その文学碑が千葉県松戸市矢切 + +

■野菊の墓 伊藤左千夫
伊藤左千夫の小説 「野菊の墓」 その文学碑が千葉県松戸市矢切にあります
野菊の墓は 明治39年(1906年)1月に雑誌 「ホトトギス」 に発表されたもので 15歳の斎藤政夫と2歳年上の民子との淡い恋の物語です
醤油の醸造業を営む旧家 政夫が15歳のとき 病弱の母の世話をするため 従姉で二つ歳上の17歳の民子が家に住むようになります 以来二人の仲は親密になり奉行人の間でも噂になってゆきます
■江戸川堤防の風景 母は奉行人をいましめ 二人をかばいますが なるべく会わないようにと話します それが二人の思いを淡い恋心に変えてゆくことになります 二人の仲を中傷する周りの声の高まりに 心配した母は政夫を予定より1か月早めて中学の寮に入れます
一方 正月には帰るという政夫を待つ民子に縁談が持ち込まれます 拒む民子をよそに大人たちは一方的に話をすすめ そのやり方に憤慨した女中のお増は 政夫にその話を知らせます 政夫が駆けつけたときは 花嫁行列 政夫は民子の車めがけて りんどうの花を投げることしかでませんでした


■野菊の墓 100周年文学碑 矢切橋
矢切橋西側の文学碑には 次の文が刻まれています
野菊のような人 「・・・・・・まア綺麗な野菊 政夫さん 私に半分おくれッたら 私ほんとうに野菊が好き」
「僕はもとから野菊がだい好き 民さんも野菊が好き・・・・・・」
  「私なんでも野菊の生れ返りよ 野菊の花を見ると身振いの出るほど好(この)もしいの どうしてこんなかと 自分でも思う位」
「民さんはそんなに野菊が好き・・・・・・道理でどうやら民さんは野菊のような人だ」
民子は分けてやった半分の野菊を顔に押しあてて嬉しがった
■欄干は野菊の飾り 2007年5月吉日に 松戸東ライオンズクラブが「野菊の墓」の発表100周年 そして松戸東ライオンズクラブCN25周年(発足25周年)を記念して文学碑を設置されました。欄干には、野菊の花がアレンジされています。


●自然情報
■北海道
■首都圏
■四国
■中国

●首都圏の花物語

●千葉県松戸市の風景
二十世紀梨碑
戸定邸
江戸川の風景
六和電燈碑
工兵学校跡
矢切の渡し
●自然情報
■北海道
■首都圏
■四国
■中国



素敵な情報がありましたらお教えください。 → 投稿は こちらのページから♪

Strawberry- Club & itigo-Net は リンクフリーです。よろしければ左のバナーをお使いください。 リンクの際にはTOPページへお願いいたします。


| 四国情報 | LINK | 星と遊ぶ | 距離計算 | 耳をすませば | TOP PAGE |
♪ 。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : .      . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 。 ♪
1998-2014 itigoNet & StrawberryClub, internet cection Since 1998.12.20

当ホームページ内の画像およびイラストなど全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断りいたします。