安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定されています。

四国の自然・街角情報をお届けします 
SEIKATSU | CASSIOPEIA | LINKNAVI | YUMENET | MIMISUMA | TOP PAGE


2014' SEP 19 Message

秋の快晴の日、長野県松本市を訪ねました。松本城は一部改修のため白いシートがかけられており、あまり良いアングルで写真を質栄することはできませんでしたが、秋の高原を満喫することができました。爽やかな空気、歴史ある城下町。北アルプスの山並みをみながら市内を散策した秋の日をご覧ください。 * ♪


itigonet ・ Strawberry-Club ibukijima 「松本城」
国宝松本城天守

■ itigonet ・ Strawberry-Club internet cection ■ 松本城
安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定されています。また、松本城と呼ばれる以前は深志城(ふかしじょう)といい、市民からは別名烏城 (からすじょう) とも呼ばれています。
松本城は、戦国時代の永正年間 (1504-1520年) に、松本平の信濃府中 (井川) に井川館を構えていた信濃守護家小笠原氏 (府中小笠原氏) が林城を築城し、その支城の一つとして深志城が築城されたのが始まりといわれています。
後に甲斐の武田氏の侵攻を受け小笠原氏は没落、武田氏、木曾義昌、上杉景勝、小笠原洞雪斎と城主が移り、徳川家康の配下となった小笠原貞慶が旧領を回復し、松本城と改名したとされています。

■国宝松本城天守
天正18年 (1590年) 豊臣秀吉による小田原征伐の結果、徳川家の関東移封が行われ当時の松本城主小笠原秀政も下総古河へと移ったことにより、石川数正が入城し、石川数正とその子康長が、天守を始め、城郭・城下町の整備を行ったといいます。
その後、大坂の陣以後は、松平康長や水野家などの松本藩の居城として機能。水野家の後は松平康長にはじまる戸田松平家 (戸田氏の嫡流) が代々居城としています。
松本城の天守閣からは、北アルプスの山々、美ヶ原高原の峰々が一望できるほか、城下町松本の整然とした街路の街並みを見ることができます。


itigonet ・ Strawberry-Club Nawate TO kaeru 縄手と蛙
松本 なわて通り商店街

■縄手と蛙
なわて通りある説明板は、縄手と蛙を次のように説明しています。
その昔、「縄手」は松本城のお堀と女鳥羽川(めとばがわ)の清流にはさまれた「縄のような細く長い土手」でした。
明治12年に四柱(しはしら)神社が建立され、縄手はその参道として発展してきました。車止通行止め(今でも歩行者天国)の通りは、祭事にはずらりと露店が並び、通りに沿って流れる女鳥羽川の水辺では、河鹿蛙(かじかがえる)が美しい鳴き声をかなでていました。
境内かに流れる太鼓の音、アセチレン灯の臭い、啖呵売(たんかばい)の声、金魚すくいに打ち上げ花火など、独特の情緒がただよう通りでした。しかし、いつの頃からか、川が汚れ河鹿蛙は上流に追いやられ、通りも活気を失った時期がありました。
昭和47年「かえる大明神」祀り、もう一度、水清く・活気ある通りにカエようと新たなとりくみが始まり、以来「かえるの街」として、市民や旅の人々のホッとできる通りとして現在に至っています。と書かれています。

■松本 なわて通り商店街
なわて通りのパンフレットには、次のように書かれています。 その昔、「なわて」は松本城のお堀と女鳥羽川の清流にはさまれた「縄のによに細く長い土手でした。
明治12年に四柱神社が建立され、なわてはその参道として発展してきました。車馬通行止の通りは、祭事にはずらりと露店が並び、通りに沿って流れる女鳥羽川の水辺では、「河鹿蛙」が美しい鳴き声を奏でていました。境内から流れる太鼓の音、アセチレン灯の臭い、啖呵売の声、金魚すくいに打ち上げ花火など、独特の情緒がただよう通りでした。しかし、いつの頃からか、川が汚れ河鹿蛙は上流に追いやられ、通りも活気を失った時期がありました。
昭和47年、「カエル大明神」を祀り、こう一度、水清く・活気ある通りにカエルようにと新たな取り組みが始まり、以来、「カエルの街」として、市民や旅の人々がホッとできる通りとして現在に至っています。と説明されています。


+ + 旧司祭館 + +
+ + 重要文化財 旧開智学校 + +

■旧司祭館
旧司祭館は、明治22年(1889年)、松本カトリック教会神父クレマン(フランス人)により、旧藩政時の武家屋敷跡(松本市丸の内9番32号)地に建築された西洋館で、アーリーアメリカン(コロニアル)風の建築様式を伝え、各部屋に暖炉を配し、1・2階ともベランダを備え、外壁に下見板張りを施すなど、随所に西洋館の特徴を表しています。

建築地は、松本城周辺の都市計画街路拡幅事業により取り壊しが予定されていましたが、貴重な文化財の保存を決め、平成2年10月解体工事に着手、翌平成3年3月に復元工事に入り、同年10月に竣工したといいます。

旧開智学校の隣に復元完成した旧司祭館は、旧開智学校とともに明治の風を感じの貴重な建物です。

旧司祭館は、旧開智学校のお隣に移設されています。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : .  ・ ・ ・・・ 。 ♪

■重要文化財 旧開智学校
長野県松本市にある旧開智学校 和風と洋風の入り混じった擬洋風建築の校舎は 明治9年(1876)4月に建てられた校舎です 昭和36(1961)に重要文化財に指定されています 「開智」の校名は、明治5年8月学制発布の前日に公布された「被仰出書」の文中にある「〜人々自ヲ・・・・其身ヲ修メ智ヲ開キ才芸ヲ〜云々」から命名されたといわれていると説明されています NHK連続テレビ小説「おひさま」で 陽子 育子 真知子が青春を過ごした松本の建物のひとつです。

厳冬の開智学校の拡大写真は、別ページの■開智学校 でご覧ください。



●信州の風景
信州 TOP
●日本の国宝
国宝 TOP

●参考リンク
新まつもと物語



素敵な情報がありましたらお教えください。 → 投稿は こちらのページから♪

Strawberry- Club & itigo-Net は リンクフリーです。 よろしければ左のバナーをお使いください。リンクの際にはTOPページへお願いいたします。



| 四国情報 | LINK | 星と遊ぶ | 距離計算 | 素敵な商品 | 信州 TOP |
♪ 。 . : * ・ ゚ ゚ ・ * : .      . : * ・ ゚ ゚ ・ * : . 。 ♪
1998-2014 itigoNet & StrawberryClub, internet cection Since 1998.12.20

当ホームページ内の画像およびイラストなど全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断りいたします。